入団は何年生からできますか?

男子、女子問わず、幼稚園(保育園)年長さん~小学校6年生を対象にしております。
入団テストなどは一切ありませんので、初めてボールに触るお子様の入団も大歓迎しております。

 

小学生から硬式野球をやっていて肩を壊しませんか?

試合では投手の球数制限があり、肩や肘等に負担をかけないよう配慮されています。

また、指導者が徹底してケガをしないフォームを教えます。

肩や肘に違和感があるときは、指導者に申し出れば絶対に無理はさせません。

 

現在入団している選手はどこの地域から来ていますか?

足利市だけにとどまらず、太田市、大泉町など近隣市町村から来ている選手が多数います。

片道一時間かけて来る選手もいますが、それでも嫌にならないのは、このチームに魅力が

あるからではないでしょうか?

 

親の負担は大きいですか?

親の負担を減らすことを目標に日々運営に取り組んでいます。

具体的には、お茶当番は夏季期間のみで当番時にグランドに在中する必要はありません。

無駄な飲み会もなく、必要以上の経費をかけさせないことを常に考えています。

 

道具を揃えるのにお金がかかりませんか?

グローブは軟式グローブでも構いません。

バットはチームのバットを使用してください。

練習着やスパイクなどは使い回しが可能です。

 

指導者は怖くないですか?

いわゆる「圧迫指導」の排除を基本理念として指導してます。

総監督曰く「選手は褒めて伸ばしたい」

現代の子供に即した指導を行っており

指導が嫌で練習を休んだり、退団したりする選手は皆無です。

 

送迎が難しいのですが・・・

土日が仕事の人やお店を経営していて送迎が困難な人も現在在籍しています。

そのような人に対しては、保護者が協力して送迎できる体制を作ってますので

お気軽にご相談ください。

足利リトルで野球をやりたい!という子供達のために、みんなで力を合わせて頑張ります。

 

練習時間は長くないですか?

他のチームと比べるとかなり短いのではないかと思います。

それは「野球以外の可能性も見つける時間を与えたい」という指導者の考えがあるからです。

野球漬けにすることなく、自分の可能性を広く見極めてほしいということです。

 

遠征は多いですか?

リトルリーグは県内にチーム数が少ないため、埼玉県への遠征が多くなります。

ただ、遠征にはバスを使用し、親の参加も任意とさせていただいてます。

現在は、地元足利で試合が多く組めるよう、調整中です。

 

「リトルリーグ」に関するQ&A

こちらをご覧ください。